通販を利用してアトピー性皮膚炎にいい水素風呂の入浴剤を購入しよう

レディ

肌質別の選び方

美容液

含有量から選ぶ

美白やニキビケアなどに使えるのが「ビタミンc誘導体」配合のスキンケアアイテムです。ビタミンc誘導体にはメラニン色素を還元したり、皮脂を抑えてニキビを予防したりする効果があります。ビタミンc誘導体を使ってスキンケアをするなら、どんなアイテムを選ぶかがポイントとなります。ビタミンc誘導体は水溶性の性質を持っています。そのため、基本的に配合できるのは化粧水などの水分がメインのアイテムです。ビタミンc誘導体配合の乳液やクリームもありますが、その場合は水と油をなじませるために界面活性剤を使用しています。肌が化学成分で荒れやすい人には、乳液やクリームよりも化粧水がお勧めです。ビタミンc誘導体配合の化粧水も沢山あり、それぞれの化粧水で含有量が違うことがあります。ビタミンc誘導体は肌にいい成分ですが、含有量が多すぎるとヒリヒリしたり、赤くなったりすることがあるので注意が必要です。肌質にあった含有量の化粧水を使うことが、美肌を作るポイントです。にきび肌・脂性肌の人なら、ビタミンc誘導体が5%以上配合された化粧水でも使えます。普通肌・混合肌の人には3%〜5%のビタミンc誘導体化粧水がお勧めです。敏感肌・乾燥肌の人は肌が弱い状態なので、特に選ぶときには慎重になる必要があります。なるべく含有量が低い、1%以下の化粧水を選ぶことが大切です。1%%以下でも不安な場合は、腕の内側などでパッチテストをしてから使うと安心です。